超純水とは、水道水の中に含まれた不純物を取り除いたものを指しています。有害物質と言われているトリハロメタンや雑菌などを99%以上取り除いているので、とても安全な水だといわれています。一般的には、ろ過や浸透膜を利用して作られているので、コストも安く購入しやすいお水ともされています。ご家庭でも専用の浄水器を設置することで、いつでも新鮮な超純水を飲むことができます。このお水は、ミネラル分は一般的な水道水と同程度なので、普段の調理に使うことができますし、余分な雑味がありませんので、コーヒーやお茶の味もさえます。赤ちゃんのミルク調製用のお水として、またお薬を飲むための水としても使えます。万能的なお水と変わりますので、毎日の生活に欠かせないものとなるでしょう。氷も透明度が増し、ジュースやお酒の味を損ねることもなくなります。

超純水の良さと悪いさ

題名のような水とは、簡単に言うと不純物のない水です。まずは悪いところからです。まず、長期に渡って、人間が飲むと体に害が出るようです。その前にまず、空気中に触れると、超純水は超ではなくなるようです。人間が飲む飲み物には、不純物が必要です。そして、莫大な水の中から、ほんの少ししかできません。数トンの水から一滴しかできません。それを作ろうとして、それはすごい機械を利用しないとできないみたいです。超純水は、超に近づくにつれて電気伝導率が下がります。その分、電気を通す水が出来ます。次は良さ(利点)です。単純なのですが、キレイと言うことです。水は純度100%は無理みたいです。それに限りなく近づいているのがこれということです。さきほどの、電気伝導率はなんと0.05%だと言われています。これから技術の発展につれて純度100%も夢じゃないみたいです。

超純水って何?純水との違い

普通に生活していれば「純水」という言葉を聞いた事があっても「超純水」という言葉はなじみがないのではないでしょうか。不純物を取り除いて綺麗にした水を「純水」と呼びますが、それよりも更に様々なものを取り除いて極端に純度を高めたもの。それが「超純水」です。純水を作るときには取り除けないような、有機物や微粒子まで取り除いた究極に水質の高い水です。産業用に使われるので純水とは違って日常生活で目にする機会はあまりないでしょう。超純水と一口に言ってもいくつかグレードがあり、その純度に応じて使用用途も様々あります。洗浄用、希釈用、医薬品用、培養用、冷却用など様々な分野、様々な用途で使われていますが、精密部品を扱う場合などより高い純度が求められています明確な区切りや数値の基準は決まっていないものの純水よりもはるかに純度が高いです。