超純水とは、読んで字の如く、「純粋」な水の事です。金属イオンや微生物などの不純物をほとんど含まない、純度100%の理論的に水に限りなく近い高純度という事です。水道水やミネラルウォーターは、一見して、透明で、きれいに見えても、いろいろな物質が溶け込んでいるのが普通です。超純水は、限りなく「水分子」のみに精製されているから、「精密」を要求される分野には非常に有効です。不純物が無いので、俗にいう「水垢」を抑える事ができますから、ボイラーや、加湿器等、水を循環させる機器類の機能低下を防ぐことができます。また、洗浄水や溶媒としても、完全な水は非常に有効なので、医学や、バイオテクノロジーの分野でも活躍しています。比較的安価に手に入れる事ができるのも魅力です。今後、ますます多くの分野でその威力を発揮するはずです。

超純水は社会を裏から支える存在です

超純水とは、「純粋」な水の事です。近代の水の浄化に対する高度な技術によって、河川水や工業用水などの水を限りなくH2Oに近づけた水です。水に含まれる固形物や塩類はもちろん、溶けているガスも除いてある、純度の高い水は、その特性から多くの分野で利用されています。大きくは、発電所などの、蒸気を必要とする場面等です。通常の水は、金属イオン等の不純物を多く含んでいるので、水を利用する機器類には俗にいう「水垢」がこびりつきます。この水垢が、機器類の正常な運航を妨げる原因になります。でも、超純水を利用すれば、その問題を限りなく抑え込むことができます。発電所等、正確な運航と安全性を要求されるような場面では、非常に有効であると言えます。また、価格が比較的安価であることも、ポイントです。現代社会を裏から支える存在という事ができます。

超純水の用途とその特徴について

超純水というのは、純水と比べてさらに純度が高い水のことです。この水は、製薬産業や医療分野、液晶画面や半導体などを洗浄する際に使用する他、合成繊維工業、発電所の運転といった場面で用いられています。これらの各分野の現場では、より不純物を取り除いた水を必要としていたため、不純物を除去する技術が発展していった経緯があります。この水は、純水よりもさらに高度な技術が必要になり、限外ろ過や逆浸透などを行うことで作り出すことが可能になります。純水や超純水を使うことで、より高度な製品の品質向上を図っています。超純水の水質はとても高いですが、明確な定義や規格といった基準があるわけではないため、メーカーによってその品質に違いがあります。また他の用水と比較してみても、その製造コストは高いものとなっています。この水は、空気に含まれている二酸化炭素を吸収してしまうと水質が劣化していくため、長い時間空気に触れないようにする必要があります。